ながさき徒然考  巻乃壱

yooshibonn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 22日

似非葉 

c0006608_2062686.jpg

                                  好評 パクリシリーズ  kit師匠に続き 新分野を開拓しました
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-22 20:14 | 風景Ⅱ 海
2005年 10月 21日

みなも

もうすぐそこは・・・
c0006608_22524733.jpg

                                                     岩背戸渓谷 (西彼 県民の森)
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-21 22:56 | 風景Ⅰ 山
2005年 10月 20日

正午の海

c0006608_2243656.jpg





日曜日 あまりのお天気に誘われて 久しぶりに外海・大瀬戸を巡った
西彼杵半島の西海岸 角力灘の夕日 サンセットロードである


時は正午
光り輝く海に浮かぶは 母子島


そういえば
遠藤周作文学館もこの近く
オープンまもなく訪ねた 沈黙の館
その窓からみえた 紺碧の海は
哀しみが深く沈んでいた



訪れた時の心緒が気色をつくるのか
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-20 22:51 | 風景Ⅱ 海
2005年 10月 19日

    里がえり

     ダイヤモンドプリンセスとちょぴり女神大橋
c0006608_22381128.jpg

               今月2度目の寄港 24日にも帰ってくるとか  右端に実家の立神ドッグのクレーン群が見える
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-19 22:45 |
2005年 10月 18日

夜の諏訪の森

第332回 若宮稲荷神社 竹ン芸 10月14・15日
c0006608_2251617.jpg

                   若宮稲荷神社より相対する諏訪神社を見る  (中央左上の黒い所)
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-18 22:53 | 歴史
2005年 10月 17日

第332回 若宮稲荷神社 竹ン芸 10月14・15日

長崎くんちに続く2番祭りである  これから諸所で秋祭り ○○くんちが続く 
c0006608_2253545.jpgc0006608_22541316.jpg




















奉納332回目だそうである 戦後54回目ともいっていた 
男狐・女狐が高い竹棒の上でアクロバットよろしく竹ン芸を披露する 3年前昼の部を見た 澄み切った青空の下白い狐が映える  
今回夜間撮影 ストロボ禁止 三脚使えず 激しい動きに これが精一杯  誰しもが闇の中 白狐の妙技妖術に酔いしれた

c0006608_22564021.jpgc0006608_22573078.jpg
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-17 23:18 | 歴史
2005年 10月 16日

           里の秋

c0006608_812551.jpg          虚空蔵シリーズも最終章
    kit師匠・sattyanとの撮影会からはやひと月
    奇しくも棚田百選の地を一人巡った
    お二人なら如何にと 思いつつ・・・                 






c0006608_821690.jpg









c0006608_852252.jpg















c0006608_87206.jpg
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-16 08:23 | 花木
2005年 10月 15日

垰をおりて

垰を過ぎ 九十九を曲がるたび10m下がる感であった 
林道の終点が東彼杵側の登山口 川内 朽原川に虚空蔵橋が架かっていた
この川沿いの棚田が またいいですね である  
落ち着いた雰囲気の穏やかな棚田であった
c0006608_911073.jpg
c0006608_91257.jpgc0006608_93285.jpg
















c0006608_954551.jpg

[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-15 09:07 | 棚田
2005年 10月 15日

     別顔

    c0006608_0525317.jpg 


     川棚から虚空蔵への登山口はふたつあった 

     先ほどのお茶畑をもう一上りして林道へ出た所が木場 
     そこから5分ほど走って岩屋の登山口である 
     どちらも整備されておりトイレ・駐車場付き 
     頂上まで40分ほどだ


     さらに林道を東彼杵へと進むと道は下りはじめる 
     振り返ると別の山と見紛う虚空蔵があった


     烏帽子をはずしたその山頂は
     人を拒むように切り立った断崖に護られていた
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-15 01:07 | 長崎の山々
2005年 10月 13日

晩夏  ふたたび

ゆうべは急な飲み会でシンデレラボーイ 日付変更直前に帰宅  
とにかく朝の寝起きに浮かんだ 点描 でピックアップ これだけで精一杯
すぐにバタン休のyooshibonnであった
c0006608_2221798.jpg





日向の棚田を撮影中 
車を路肩に停めていた
狭い田舎道を小奇麗な乗用車が
ひっきりなしとは言わないが上下する 

その訳が解った 
水汲み場があったのだ
急坂をどんどん登ると
棚田が切れてお茶畑に変わる辺りにそれがあった
車がやっと交わせるほどの
狭い急坂に5・6台10数人の行列

棚田=湧水 ナノダト納得  

おいしいお水 
     おいしいお米 
          おいしいお茶 
そうここは川棚だけど 山を越えると 
嬉野 彼杵 お茶の名産地だったのだ

今日も暑い 
お茶畑にもまだ夏が居座ってる

さっきまでの秋は何処へいっただよー
[PR]

# by yooshibonn1957 | 2005-10-13 22:34 | 風景Ⅰ 山